世界観

 

 

 

昨日は、PHOTO GARDENさんとのコラボ企画、芸舞妓撮影会「青丹よし」でした。

お天気にも恵まれて、本当に青丹よしな撮影会となりました。

みなさんが「楽しかった」「貴重な体験ができた」と喜んでくださって、

がんばってよかったねーと、林先生、西村先生、そして相棒の辻さんと、かんぱーい!

もせずに帰ってきました。

だって、全員がやりきった感がすごくて打ち上げ行く余裕がなかったんですもんー。

西村先生なんか「なんでやしらん、足が痛い」とか。笑

 

いやーほんと、貴重な体験でした。

踊ってくれはって、それを囲みで撮るんですが、

あまりの美しさに、シャッターも切らずに見入ってしまって、ポカーンと口をあけてみている人続出。

それとか、夢中でシャッターを切っていて、汗だくでもお構いなしで、

途中で「水分摂ってください!」とお声がけしたり。

噂では聞いていましたけど、ライトを当てて、暑い中踊ってはるのに、

舞妓さんと芸妓さん、ほんまに汗かかはらへんのです。

そんな中、わたくしと辻さんは汗だくで、外国人観光客に、

「ノーフォトプリーズ」

「スペシャルイベントな〜う」

「イェイェイェ、オールプロフェッショナルフォトグラファー」ちゅんぷぷ

 

モデルさんって、どの角度、どのポーズが一番きれいに撮れるか知ってはりますよね。

舞妓さんも芸妓さんもそうです。

が、芸妓さんまでなるとちょっとちゃいますね。

どう違うかっていうと、、、

体感してみたらすぐわかるんですが、一言で表現するなら「吸い込む」でしょうか。

吸い込まれますので、慣れてない方には「怖さ」に似た感覚があるかもしれません。

慣れてらっしゃる方、あるいはプロの写真家先生のように、

躊躇なく吸い込まれると、異次元の世界が出来上がるライブ観、これか!と思いました。

タレントさんとか撮ってはる写真家さんはこの逆の現象を作らはるんでしょうね。

多分ね、知らんけどww

 

いやー、ポートレート撮影になんの興味もなかったんですけど、(正直な話!)

楽しかったなー。

また2回目ができたらいいですね。

その時はぜひ宜しくお願いします。

 

工房 絲(su-) http://atelie-suh.com