内田ユキオ写真展「青い影」

 

 

すごい!連日投稿!

 

はい。今日は12月に開催します修学院離宮ツアーのロケハンに行ってきました。当日もお手伝い頂きますバイトのこころ君と一緒に行ってきましたよ。

 

いいお天気で、比叡山を始め、紅葉が始まっていてすっごくキレイでした。12月のツアーを開催する頃には、見頃はもう終わっているかもしれません、すみません。。。

 

と言いながら実は確信犯で、ちょっと時期を外しているんです。

 

紅葉の見頃って11月の末頃なんですよね。その頃の京都って本当にキレイなんです、だから、すごく混むんです。団体で移動するには勿体無いので、南禅寺、永観堂、嵐山などなど、個人でサクサクっと行ってください。

 

 

 

 

去年と一昨年の6月にワークショップをしてもらいました内田ユキオ先生の個展のご紹介です。

 

いつも使うマグカップのような、生活の隅々にまでこだわりを持って生きていらっしゃるかっこいい先生です。

15年ぶり?かの個展だそうですよ。

今回のご紹介は、丸の内にある富士フイルムイメージングプラザ東京のギャラリーで開催される写真展。

関西での開催もあるそうです。

 

内田ユキオ写真展「青い影」

開催期間:11月14日(木)〜11月27日(水)

会場:富士フイルムイメージングプラザ東京 ギャラリー  map
会場時間:平日11:00〜20:00、土日祝日10:00〜19:00(最終日は16:00まで)
入場料:無料

詳細:https://imagingplaza.fujifilm.com/tokyo/gallery/22/index.html

 

さて、ステイトメントを見せて頂きましょう。

 

ハワイで撮影された作品群を通して、"影があっての光"をクローズアップされています。「黒よりもっと深い青い影」のおかげで、光と影のあいだにある美しい色たちに気づくことができる、とあります。

 

内田先生はスナップを撮る時、奇跡とか偶然への感謝をされます。被写体にももちろんですが、人が通った時に風が吹いてくれた、空を見上げた時に鳥が横切ってくれたなど、日頃の行いと言いますか、ご縁的な目に見えないものを感じていらっしゃるように私には思えます。そういった感謝の心と、光学機というテクノロジーへの敬意を持ち、構図とか露出とかいろんな計算をいっぱいしてシャッターを切る。内田先生が作り出す1枚の写真は、オーケストラによる協奏曲のような作品なのかなと想像します。

 

詳細はご本人にお伺いするのが一番だと思いますので、下記日程のトークショーにぜひ足をお運びください。

2019年11月16日(土)15:00〜16:00「X-Pro3との旅の楽しさ」
2019年11月21日(木)19:00〜20:00「X-Pro3の使いこなし」

 

内田先生も今回の写真展でフィルムをつかっていらっしゃいますけれども、ハーフカメラとかナチュラクラシカとか、 LOMO、HOLGAといったフィルムカメラにはこちらの「Spiral-SP」がぴったりです。

中でも、わたくしも大好きな可愛いキャンディーピンクが完成しました。

よろしくお願い致します。

 

Spira-SP<トイ・フィルム・デジカメ>

http://atelie-suh.com/?pid=74489002