ツバキ園に行こう!

 

 

母が姪っ子の卒業式のために岐阜に行っていたんですけれど、宿泊先で「チャイニーズ?」と聞かれていました。ブルータス、おまえもか。→詳細こちら

「イエス」ゆうて中国人のふりをした母は生粋の京都人、元友禅師、今は着付けの師範。

翌朝、卒業式に行くために着物を着てチェックアウトしたら、そのスタッフさんは目を丸くしていたと。

4/7に京都撮影会をするのですが、中国人のふりして着物女子をナンパして撮らしてもらおうとか思っていました。あー、カエルの親はカエルだな、と思ったエピソードでした。

 

椿が見頃を迎えています。

いろんな色、模様、形があってかわいいですよ。

ツバキやサザンカの木は、1本、2本はどこにでもあると思うんです。

公園の生垣とか、お庭に植えていらっしゃるご家庭もあるのですけれども、この季節はせっかくなので、ぜひお近くのツバキ園を見つけて行っていただきたい。

 

今回ご紹介しますのは京都北部にある舞鶴自然文化園、椿まつりが開催されています。

カメラを持ってお出かけしたい場所です。

広大な敷地の中、椿園を始めアジサイ園、桜ロードなどたくさんの花々があります。

椿園の散策コースは徒歩約60分というだけでも見応えがあるのがわかりますね。

併せてオススメしたいのはミツマタの群生地とジャガの群生地。

やはり、ボリュームは絵になります。

朝、もしくは夕方の柔らかい日差しが差し込む時間帯に撮りたいですよね。

 

登山をされる方は綾部の東北部にあります君尾山も要チェック。

丹波地方の山々が霧に浮かんで島のように見える雲海を見ることができるんですって。

これは見たい!

でも山登りはしたくない!

心が引き裂かれそうです。。。

 

舞鶴は最近面白くって、赤レンガパークでの催しとか、海軍の護衛艦を海から見物できる遊覧船ツアーとかいろいろやってます。

海の幸にも恵まれているので、美味しいお店を巡るのも楽しそう。

牡蠣が美味しい季節なんですけど、昨年の夏〜秋に大雨が続いたんですね。

山から海に流れる真水の成分が多かったようで、今年の牡蠣やとり貝はイマイチだそうですが、ブリやカンパチが良いと聞きました。

海鮮丼とか食べたいなー。

お車で、泊まりがけで行っても面白いと思いますので、春のお出かけによろしければ。

 

ミツマタ群生地

http://www.uminokyoto.jp/spot/detail.php?sid=196

 

ジャガ群生地

http://www.uminokyoto.jp/spot/detail.php?sid=197

 

君尾山の雲海

http://www.uminokyoto.jp/spot/detail.php?sid=181

 

春の撮影のお出かけや旅行にお持ちいただきたいのはやっぱりカメラバッグ。

カメラと交換レンズが一緒に収納できます。

あるお客様は、カメラを入れず、交換レンズを3本入れているとか。

そんな使い方もできるんですね。

バッグとしても持てますし、ショルダーベルトを外してバッグイinバッグにも◎

今日は紺色が完成してまいりました。

10連休もありますから、カメラを持ってお出かけを楽しんでください♪

 

カメラバッグ(ボディー&レンズ)

http://atelie-suh.com/?mode=cate&cbid=1746810&csid=3