名古屋でカルチャーショックを受けてきました

 

 

予報通り寒さがもどってきました3月6日(火)、名古屋に出張に行ってきました。

業者さんの真面目なお気持ちが伝わって、お力になりたいなーと思いました。

有意義な時間でございました。

その行きしなの道で、すごい豪華な霊柩車を見てびっくりしました。

大切なお別れの時に「すっごーい!」と写真を撮ることは人としてどうなのか、

ということで写真はございませんけれども、驚きました〜。

現在の京都の霊柩車は、黒いボックスカーか、白木の塗装色無しのものが主流です。

昔は黒ベースで少しだけ金があしらったのがありました。

でも、あそこまで金ピカの霊柩車は見たことがございませんでした。

興奮して業者さんに、車の上に金ピカの城が乗ってました!と話すのですが、

「それがなにか?フツーですけど。。。」

と、逆にキョトンとされてしまいました。

おおぅ、そうか、さすが名古屋。

あと、学生さんの制服にセーラー服デザインが多いこと。

そして、セーラー服+スニーカーなこと。

車で行くと、こういう土地文化に触れ合えるのでいいですね。

電車だと都市的な部分しか見ることができないので、とても新鮮でした。

楽しかったー。

名古屋にはまた近々伺いまーす。

 

 

本日は「シルク織りストラップ」のご紹介です。

縦は強いヘンプ(大麻)、横はシルクで丁寧に手織りをしましたストラップです。

カメラをさげて頂いた時、首にあたる部分はさらっとしたシルクの感触になります。

シルク(絹)はお肌の成分に近いアミノ酸でできた弱酸性のタンパク質繊維。

最近はその機能性が認められて、シルクのマスクとかパジャマにもなってますね。

お肌にあたる部分には特に優しい素材を使いたい、そんな願いを込めました。

両端はヌメ革で、「かわいい」に「かっこいい」テイストをプラスしています。

ミックスカラーは同じ色が2本とない1点もの。

気に入った色合いがございましたらお早めにgetしてくださいね。

 

「シルク織ストラップ」

http://atelie-suh.com/?mode=cate&cbid=1746498&csid=14&page=2