アトムレンズ

 

 

レンズ沼からこんにちは。

まだ抜け出せていません。

手元にasahiペンタックスのS2があって、モデルに使っているだけなんですが、

そのレンズがSuper-Takumar 55mm F1.8だったんです。

これ、使えるやん。

アトムレンズといって、放射線を持っているレンズです。

でも、自然界に存在する程度の放射線量なので大丈夫。

夜も抱いて寝て、24時間365日ふところに入れているとどうか知りませんけどね。

このレンズの特徴はフレアと8角形のバブルボケ。

ちょっとこちらで遊びながら気持ちを落ち着かせてまいります。

ほんともうね、レンズもカメラもミシンも、欲しいと思い出したらキリがない!

 

少し前にオールドレンズが流行りました。

今は少し落ち着きましたけど、価格もお手ごろということで、いろいろ遊べる楽しみがあります。

 

「オールドレンズってなんだか難しそう」

よく聞きますけど、全然そんなことはないです。

まず手にいれてみてください。

必ず使えるようになりますから。

 

「わたしのカメラで使えるかしら」

いけます。

多分な、知らんけど。笑

レンズの反対側のカメラに突っ込むところをマウントと言いますが、M42が一般的です。

レンズによってはM50とかM72とかあります。

このままでは、サイズも形もカメラにあいませんので、アダプターで合わせます。

今回のアトムレンズはM42で、PEN E-PL7につけるにあたってこちらのアダプターをつけました。

2,340円安い!ありがとう!

自分のカメラのアダプターがわからないという場合は、使いたいレンズのマウントを調べて、

ヨド◯シさんとかお店で聞いてみてください。

これだよって教えてくださいます。

アダプターを介せばオールドレンズでなくても、

キヤノンのレンズをfujiのカメラで使うこともできるわけです。

沼の幅、いや、レンズの幅を広げる危険なヤツですね、まったく。

 

「どのレンズがいいかわからない」

レンズによっていろんな特徴があるので、

どんな写真が撮りたいかという観点から選んでみてはいかがでしょうか。

店頭で試してみるもよし、ネットで作例を検索してみるもよし。

「この写真ステキ!」と思ったら、どのレンズを使っているか作家さんに聞いてみるのもいいかもです。

カメラ屋さんのジャンクコーナーで100円単位で売っているカメラでも、

レンズは難なく使えたりしますので、その辺をのぞいてみるのも楽しそうです。

 

 

レンズの話が出ましたので、レンズケースのご紹介です。

交換レンズを持ち歩くときはこちらのケースに入れてください。

オススメポイントは緩衝材がしっかり効いているということ。

そして、内側の湿度をレンズに良いとされている50%前後に保てるように工夫しています。

とはいえ、ボトボトに濡れたレンズは入れないでくださいね。

濡れてしまったら柔らかい布でしっかり拭いてからしまってください。

わたくしの今のお気に入りは宇宙さんぽ柄。

宇宙服を着た人がふわふわ浮いている柄なんです。

めっちゃかわいい20120412_2467610.gif

オサカナの柄も、この季節にぴったりですね。

お持ちのレンズのサイズでおあつらえできますので、ご希望の際はお申し付け下さい。

 

レンズケース

http://atelie-suh.com/?mode=cate&cbid=2323411&csid=0