あけましておめでとうございます

 

 

あけましておめでとうございます!

良いお正月を迎えていらっしゃいますでしょうか。

 

今年の干支はイノシシ。

今では畑を荒らす、あまり良いイメージではなくなっていますが、古来から神の使いとされていました。

仏教の守護を担当する天部の一人、摩利支天(陽炎の神様)がイノシシに乗っていたんです。

陽炎(かげろう)のように実体がなく姿は見えず、捉えられず、焼けず、濡らせず、傷付かない、光(時)の前を進み、進路の障害になる災難や厄を除くことが出来るとされていることから、日本では武士の間に摩利支天信仰があったそうです。

 

それを象徴するような逸話をひとつ。

奈良時代、称徳天皇の寵愛を受けた弓削道鏡(ゆげのどうきょう)は、最終的に皇位を狙いました。

それを阻止した称徳天皇の手下の和気清麻呂は、阻止したことがバレて、道鏡に大隈国(鹿児島)に追放されてしまいました。

その道中、道鏡の追っ手に足の筋を切られてしまったんです。

そこに突如現れた三百頭の猪に助けられ、宇佐神宮に無事にたどり着くと、足の傷も治ったそうです。

 

なるほど、だから武士系の神様はイノシシに乗っているわけですか。

「猪突猛進」脇目も振らず一心不乱に突っ走るイメージですが、そこには揺るぎない加護と自信があるわけですね。

そう思ったらイノシシは無敵ですね。

マリオのスターをゲットしたようなイメージになりました。

では今年は、加護はあるので、自信を武器に突っ走る年。

オッケ、了解です、皆さん一緒に頑張りましょう。

 

ということで、今年は「猪突猛進」皆さまの五感に刺激するような「モノ」「コト」を創造してまいりますので、お付き合い頂ければと存じます。

皆さまのご健康とご多幸の年となりますよう、心よりお祈り申しあげます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

工房 絲(su-) http://atelie-suh.com